消化器官について考える

人間だって消化が多少悪いというものの、そのような食べ物を食べることが出来ないという訳ではなく、なんとか消化してしまうことが出来ます。ネコちゃんにとって穀物という存在もそのようなものと考えることが出来ます。

しかし食べれば、消化器官は必要以上活発に動く必要がありますし、器官が無理をして壊れてしまうかもしれません。 だから病気になってしまうこともありますし、ネコちゃんが長生き出来ない要因を作ってしまうことになります。消化しにくいということは、食べ物アレルギーの原因となりうることも最近では指摘されています

しかしキャットフードにそもそも消化の悪いようなものが入っていなければ問題ないと思うのではないでしょうか。メーカーでは、肉だけではネコちゃんに対して栄養が不充分とも考える傾向があるようです。そしてメーカーは不充分なものを穀物から摂取しましょうということのようです。しかし、実際には、そのような説明を言うもののメーカーには、穀物を使用することによってキャットフードの生産コストを下げるという本当の目的が存在しているようなのです。 最悪なのは人間は食べられない残留農薬検査に引っかかったものなども使用されてあるケースもあると言います。

したがって飼い主さんは可愛いネコちゃんのために、ちょっとレベルの高いグレインフリーフードを意識しなければならない時なのかもしれません。グレインフリーキャットフードを販売しているサイトや店舗で購入する前には、必ず原材料をチェックしてから購入するようにしてください。

ネコの抱える問題

どのキャットフードがいいか選択するとき、グレインフリーのものがいいと思っている人たちもいることでしょう。グレインフリーのキャットフードとは、穀物不使用のキャットフードのことです。最近では「グレインフリー(穀物不使用)」って結構話題になっているようですが、まずは飼い主さんは「グレインフリー(穀物不使用)」のメリットをしっかり理解していらっしゃるでしょうか。

ネコちゃんは本来は肉食の動物なのです。ネコちゃんが肉しか食べない訳ではありませんが、動物性たんぱく質である肉を食べないことには長生きすることが出来ないでしょうし、病気になってしまうかもしれません。一般的キャットフードには、3~40%ほどの穀物が入っていますが、ネコちゃんはそのようなものを食べろとて言えば食べることは出来ます。しかしネコちゃんにとってそれはかなり消化しづらいものと考えることが出来ます。ネコちゃんの場合、草食動物や雑食動物と比べて消化器官が短いことも理由として考えることが出来ます。

例えば、草食動物の牛は腸が長く、胃が4つもあると言います。そのような動物なら胃をフル活用してしっかり穀物も消化することが出来るはずです。しかし肉食をメインとしているネコちゃんの場合、なかなかそのような理想に近付くことが出来ないという問題があります。

どのキャットフード?

愛するネコちゃんのために一体どのようなキャットフードの選択を飼い主さんたちはしているのでしょうか。猫のフードは、ネコちゃんに毎日あげるものです。もしも、そのフードに間違いがあればネコちゃんは、簡単に病気になり寿命も短くしてしまうことになります。飼い主さんがネコちゃんに良心的にそのようなフードをあげていたとしても、飼い主さんが判断を間違えれば同じ運命へと追い込まれてしまうことになります。つまり飼い主さんにとって正しい情報を得ることが運命にとってとても大事なのですが、その正しい情報をキャッチすることが案外難しいのかもしれません。

飼い主さんは一杯ネコちゃんに対して愛情を注いでいるのかもしれませんが、その愛情は本当の愛情ではないのかもしれません。ここでしっかりとフードに対しての正しい情報を得てください。

飼い主さんの中には国産のものがいいという人たちもいる一方で、海外のものを与えているという場合もあります。果たして国内・海外一体どっちがいいのでしょうか。人間が食べる食べ物に対しては、海外よりも国内の方が安全という見方も確立しているようですが、実際にはネコちゃんの食べ物に関しては逆という声もあります

それは法律規制の問題があり、動物愛護先進国であるイギリスのようにペットフードに対しても人間同様に厳しい法律を作り接しているところもあるからです。 オーストラリアではホルモン剤や抗生物質・遺伝子組み換え飼料の使用などが厳しく規制されていたりして、海外では規制がしっかりネコちゃんを守ってくれることになります。